増大サプリを飲んで早漏も治る?

ペニス増大サプリメントに早漏対策効果はあるのか?

これまで、増大サプリメントについて記事をまとめてきましたが、ここでは早漏のことをまとめていこうと思います。

 

早漏とはセックスをする時に、男性側がすぐに射精してしまう状態を言います。

 

英語ではPEとも呼ばれるこの状態は、自分で射精のタイミングを調整する事ができません。

 

射精までの時間はそもそも個人差があるので、何分以内であれば早漏かという様な定義は出来ませんが、とりあえずパートナーがオーガズムを迎える前にあまりにも早い時点で射精してしまう事を言います。

 

過敏性早漏 →異性との性交の経験不足など、性的刺激に対して敏感 →早漏をより「深刻に受け止めてしまう」傾向も →間違った自慰行為・ストレス性早漏 →仕事や生活におけるストレス →過去の性体験でのトラウマ
ではこれらに起因する早漏をどのように改善していけばよいのでしょうか。

 

過敏性早漏は、早漏の中で最も多いと言われています。過敏性早漏は、皮膚や粘膜の神経やペニスの感触神経が非常に過敏なことが原因で起こります。亀頭が刺激に対して慣れていないという点が原因で、すぐに射精してしまいます。

 

若者やスポーツマンタイプの人と聞くと、健康で体力のある人をイメージするでしょう。陰茎の皮膚が敏感になっているだけであり、その要因を改善する事ができれば、むしろ元気で旺盛な状態になりえるという事なのです。

 

早漏を開園するトレーニングがあるようで、それを紹介します。

 

1. 手、もしくは口で刺激

 

2. 「イキそう!」と感じたら手を止めて我慢する

 

3. ピークをやり過ごしたら、亀頭部を手で圧迫して萎えさせる

 

4. このサイクルを3回繰り返し、4回目に射精させることで、射精寸前の感覚を彼に覚えさせる

 

5. 3回の寸止め後の挿入は、5〜10分は動かないでじっと一体感を楽しみ、それでも彼がイキそうになったら一旦抜いて、しばらくしてから再開する

 

これを繰り返すことで早漏も徐々に改善していくようです。

 

もし、今早漏で悩んでいる人がいるならやってみる価値はあると思います。

 

スタンダードなPC筋のトレーニング法は、肛門を“5秒間締める”“5秒間緩める”を繰り返すだけ。このたったひとつの運動だけでOKなんです
立っているときでも座っているときでもできる上、行なう体勢もバリエーション豊富だから、自分の好みに合わせられます。
締める“緩めるを10回1セットにして、朝、昼、夕、就寝前の4回行なう。

 

 

ゼファルリンの効果と口コミ

ホーム RSS購読 サイトマップ